レディース専用のキャッシングってどうよ?実際の使い勝手あれこれ

中小のレディース専用キャッシングや、大手の消費者金融のレディース枠をときどき目にしますが、通常のキャッシングと比べるとどんな違いがあるのでしょうか。お客が利用しやすいというのは、どんなお店であっても繁盛の大きなポイントになっています。消費者金融も、サラリーマンなど男性客だけでなく、もっと女性にも利用してほしいという意味で、このようなサービスが展開されているようです。もともとの「サラ金」のブラックなイメージを払拭するのと、それに加えて女性客の取り込みという2つの目的があるようです。

しかし、大手消費者金融のレディース枠というのは、契約の相談時などの担当者が必ず全て女性であるということを除けば、内容的には他のものと何ら変わりはありません。女性専用だから金利が安いとか高いとかいう訳ではないので、何かキャンペーンでもやっていれば別ですが、それ以外でわざわざ女性専用を選ぶこれといった意味はないようです。お店に直接行かなくても契約ができるというのも、これまでも同じことが可能になっていますし、今まで女性担当者が皆無だったという訳でもないので、特にこの為に新しく何かを用意してくれている訳ではなさそうです。

女性向けローンというよりは、やはりどちらかと言えば女性客獲得キャンペーンに近いかもしれません。SMBCモビットの場合、特に○○向けキャッシングなどという商品は一切ありませんが、最近の消費者金融では珍しく女性と合わせて男性のキャラクターも用いています。全体にかっちりした雰囲気でことさら女性向けのイメージもありませんが、それが逆に好ましいという女性の声も多いのです。

一方で、中小の女性専門の消費者金融では、条件つきで仕事を持たない専業主婦も借りることができたり、小額の借り入れができるなど、女性の目線でサービスを提供しているところもあります。また、いくつかの銀行では、女性向けの住宅ローンというものも出ています。この場合、一般の住宅ローンと比べて年収のハードルが低めに設定されていたり、金利が少し低めであったり、子供を産んだときの育児休業中への配慮などが特徴としてあります。名称だけでなく、このように実質的に金額の上で有利になっています。

それに比べて通常の消費者金融の中に設けられているレディース向けキャッシングの枠は、必ず担当者が女性だという以外は、ほとんど雰囲気だけのようです。しかしこれだけでも女性客が利用しやすくなっただろうなというのは広告を見ていてもわかる気がします。お金を借りに行くというのに友達と一緒にという訳にもいきませんので、1人で心細く感じる女性は多いことでしょう。どうしようか迷っているところに「レディース」「女性向け」「女性担当者」という言葉で背中を一押しされるというのも事実のようです。特にこだわりのない人は一般的な枠で十分ですし、特にそのような枠のない消費者金融であっても全く問題はありません。

閉じる